葬儀は、親族だけでなく親しい関係であった人達が、故人へ向けて最後の挨拶をする儀式です。
日本では、葬儀は非常に重要な事として扱われており、大切な儀式なのです。

しかし、最近では極小数の身内でしか行わない家族葬や、葬儀を行わず火葬だけで済ます事も増えているそうです。
このように近年の日本では、葬儀の形にも変化が現れており、以前のような葬儀を行う事が減ってきているそうです。

これは、費用の問題や故人の意思など様々な理由がありますが、考え方が変わってきた事が大きな要因ではないでしょうか。
火葬のみしか行わない事を直葬と呼ぶそうですが、非常にシンプルな為、費用が通常に比べて格段に安い事が特徴です。
身寄りが無い方や、周りの人達に知られたく無い場合に利用されていると聞きます。

しかし葬儀が火葬だけで良いとしても、墓石の問題等もあるため、そう簡単な話ではありません。
実は、この火葬のみの直葬を行った場合、既にお寺に墓石(お墓)を持っているとトラブルになってしまいます。
ですので、もしも既に墓石が用意されている場合は、お寺に相談してから火葬しなければいけません。
このように、葬儀の形が変わると、墓石を含む事まで考えなくてはなりません。

オススメ情報

大阪で安心の葬儀をするなら@真宗大谷派安樂寺
東京で葬儀社を探しているなら@株式会社セレモニー
東京でこだわりの葬儀をしてもらうなら;農協葬祭センター
横浜で安心できる葬儀をしてもらうなら@ゴダイゴ 平川葬祭
千葉で墓石を探すなら#なか川石材